【同棲未経験でもすぐに学べる】同棲場所の決め方で大事な5つのこと

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点  未分類

『同棲したことないからどうやって場所を決めていいかわからない…』

ウールマン

そんなあなたのために、現在彼女と同棲中の僕が同棲する場所の最適な決め方を紹介していきます☝

「彼女と同棲を考えている!」という人で同棲を経験している人はほとんどいないはずです。

同棲経験者は意外と少ないです。
ほとんどの人が同棲初体験ですよね。

だからこそ、住む場所を決めるときにどうすればいいかわからず悩んでしまうのは当然です。

この記事では、同棲する前に困らないために失敗しない同棲場所の決め方をレクチャーしていきます。

記事の主な内容はこちら☟

◆同棲する場所を決めるときに起こる問題
◆同棲する場所の5つの決め方
「彼女と揉めずに同棲する場所を決めたい…」なんて男性は、ぜひこの記事を部屋探しする前の参考として読んでください。

 

同棲する場所を決めるときに起こる問題とは?

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

まずは同棲する場所を選ぶときにおこる問題についてみていきましょう

同棲する場所を決める際にはこんな悩みをもつはずです☟

『初めてで何から決めていいかわからない…』
『どんな条件を重要視すればいいのか…』
『住みやすい部屋のポイントって何だろう…』

同棲未経験のカップルにとっては当然の悩みです。

同棲は1人暮らしと違い、自分だけの意見ですべて進めることはできません。

一緒に住む彼女や婚約者の意見を聞きながら、2人にあう条件を照らし合わせていくのです。

同棲前にいろんな問題が多く、「あわないから同棲をやめたという人も中にはいます。。

せっかく大好きな人と楽しい生活が始まるというのに、そんなことになったら悲しいですよね?

そうならないためにも、どんな問題が起きるのかを事前に把握しておけば同棲前につまづくことはありませんよ。

事前に起こりうる問題を知っておくことで、同棲前に不安な気持ちや揉めごとは確実に減らせます。

同棲前の準備と心構え1つで、ワクワクする同棲生活のスタートがきれるかは決まります。

「同棲がうまくいかない気がして不安…」に感じるあなたは、こちらの記事で同棲前の心得を学んでおきましょう☟

 

同棲する場所の決め方とは?【メリットとデメリットも解説】

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

次は、同棲場所の決め方のポイントについて紹介していきます。

同棲する場所の選び方はカップルによっても違います。

しかし、同棲場所を決めるときは一般的にこんなポイントを意識します☟

・住む場所
・勤務地からの距離
・実家からの距離
・駅やバス停からの距離
・周辺施設の充実性

これらのポイントも意識しながら、同棲経験者の意見と共にそれぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

 

同棲場所の決め方のポイント①互いの実家の中間の場所

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

  • 『実家に近いってだけで心の余裕ができる』
  • 『親や家で何か起きてもすぐに駆けつけられる』

1つめの同棲場所の決め方は、【互いの実家の中間の場所】です。

「実家に近い」「実家にいつでも帰れる」と思うと、自然と落ち着いた気持ちになれたり安心感がわきませんか?

実家は昔から育った心安らぐ場所なのです。

だからこそ、互いに実家に帰りやすい場所を考えて決めることをおすすめします。

実家に近い場所を選ぶメリットとしては、「実家に行きやすくなる」「何かあってもいつでも帰れる」ところです。

逆にデメリットは、「喧嘩したり問題がおきるとすぐに実家に帰られてしまう」ことです。

メリットデメリットはありますが、互いに実家に帰れる距離に住む同棲カップルのほうが破局率は圧倒的に低いといわれています。

 

同棲場所の決め方のポイント②通勤時間が同じくらいの場所

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

  • 『互いに同じくらいの通勤時間なら我慢できる』
  • 『通勤時間が短いほうが2人の時間を多く作れる』

2つめの同棲場所の決め方は、【通勤時間が同じくらいの場所】です。

「通勤時間」は長ければ長いほど、ストレスにつながったり2人で過ごす時間を割いてしまいます。

仕事の行き帰りの時間ほど無駄に感じるものってないですよね?

だからこそ、互いの通勤が近い場所を考えて決めることをおすすめします。

通勤が近い場所を選ぶメリットとしては、「行き帰りの時間が短縮される」「その分2人の時間を作れる」ところです。

逆にデメリットは、「多少なりとも通勤時間の負担差が出てしまう」ことです。

仕事は毎日関わっていくものなので、少しでも通勤時間の負担を減らして2人の時間を作りましょう。

 

同棲場所の決め方のポイント③交通の便が発達している場所

  • 『交通の便が発達していると2人でのお出かけが増える』
  • 『不便なところだとそれも揉め事につながる』

3つめの同棲場所の決め方は、【交通の便が発達している場所】です。

特に電車通勤など交通機関を多く利用する都心部に住む場合、より交通の便が発展している場所をおすすめします。

日常生活に車が必須な田舎であれば、特に気にしなくて大丈夫です。

交通の便が発展していればしてるほど、「2人で出かける回数は自然と増える」と話す同棲カップルは多いです。

交通の便が発達している場所を選ぶメリットとしては、「電車やバス移動が楽になる」「出かける回数が増える」ところです。

逆にデメリットは、「電車や車の騒音がうるさい」ことです。

交通の便はいいに越したことはないですが、神経質な性格のカップルはよく場所をみて選ぶことをおすすめします。

 

同棲場所の決め方のポイント④周辺施設が充実している場所

  • 『生活していくうえでストレスにならない』
  • 『買い物などもお願いできてそれがコミュニケーションになる』

4つめの同棲場所の決め方は、【周辺施設が充実している場所】です。

周辺施設とは、生活に必要な「スーパー」「コンビニ」「ホームセンター」「ドラッグストア」「病院」などです。

周辺施設が充実していることで、気軽にあれ近くのスーパーで買っといてもらえる?』などの頼みごとがしやすくなります。

これが日々の小さなコミュニケーションにもつながります。

移動時間をとられない分、休日に2人で近所に買い物なども行きやすくなるのです。

周辺施設が充実している場所を選ぶメリットとしては、「生活に困らない」「SOSにすぐ対応できる」ところです。

逆にデメリットは、「店の明かりや騒音が気になる」ことです。

周辺施設が充実している場所は、日々の生活で困ったときの手助けになってくれるのです。

 

同棲場所の決め方のポイント⑤2人が納得して決めた場所

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

  • 『2人で決めた場所ならどこでもいい』
  • 『場所も大事だけどそのあとの生活が1番大事』

5つめの同棲場所の決め方は、【2人が納得して決めた場所】です。

ここまで紹介してきた項目も大事ですが、正直これが1番最重要項目です。

場所選びに関しての2人での話し合いや意見の出し合いなど、住む場所を決めるまでの過程が実は大切です。

場所選びよりも『2人で決めた』という事実が大切なんです。

いろんな部屋の条件はありますが、2人でちゃんと話して決めた場所であれば正直どこでもいいんです。

どこの場所に住むかよりも、住んだ後の2人の生活をどう豊かにしていくかを意識していきましょう。

「同棲生活を絶対に失敗させたくない!」というあなたには、失敗しないための7つのコツをこちらの記事で学びましょう☟

 

まとめ【同棲する場所の決め方は2人の納得した場所を選ぶこと】

同棲 同棲生活 場所 決め方 選び方 うまくいく コツ 方法 カップル 結婚 付き合う 彼氏 彼女 ルール 仲良し 気をつけること 注意点 

今回は、僕のリアル同棲経験をいかして【同棲する場所の決め方】を紹介させていただきました。

同棲する場所住む部屋の条件なども大事ですが、2人で話し合って納得した場所を選ぶことが1番大事ですよ。

「2人で話して決めた」という事実とそれまでの過程に意味があるんです。

住むまでの過程もめんどくさがらずに対応することで、『この人はちゃんと2人のことを考えてくれている!』と彼女からの信頼度も確実にあがります。

女性からの同棲前の自分の気持ちに1番原因があるということです。

逆にいえば、面倒な過程を適当にすると彼女からの信頼は薄くなりますからね?

結論も大事ですが、あくまで住むまでの場所を決める過程にこだわりましょう。

これができれば、円満な関係を築けて毎日楽しい同棲生活をおくれますよ。

 

コメント